路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリブィア・ノビリス (くりヴぃあ属)-1356 

019-11.jpg
久しぶりに家内を杖代わりにして都立神代植物公園を歩きました。
目当てのフクジュソウ(-159)はまだ先のようでしたが、元祖クンシランとも呼ばれていますクリブィア・ノビリスが展示室の中で鉢植えで展示されていました。
クリブィア・ノビリスは長めの葉は細く四方に広がり、長さ40~60センチの花茎の先端に多数のオレンジ色の花を下向きに咲かせていましたが、クリビア・ミニアータとよばれている美しいクンシラン(-655)にその座を奪われたようです。
020-10.jpg  024-10.jpg  023-10.jpg
画像をWクリックして下さい。
別 名 -
科 名 ヒガンバナ科
属 名 クリヴィア属
性 状 常緑多年草
分 布 -  
原産地 南アフリカ  
撮影場所 都立神代植物公園
撮影年月 2011.1.22
スポンサーサイト

ヒョウタンウツボカズラ (うつぼかずら科)-1355 

034-22.jpg
娯楽が少なかった子どもの頃、正月の室内での遊びと言えば「いろはかるた」でした。一枚一枚の意味は分からなかったのですが今でも「い」から「京」までは全部覚えています。
その中で「ひ」は「瓢箪から駒」ですが、広辞苑によりますと、①意外の所から意外のものの現われることのたとえ。ふざけ半分のことがらが事実として実現してしまうことなどにいう。②道理の上から、あるはずのないことのたとえとあります。
このヒョウタンウツボカズラ(瓢箪靫葛)はこの植物の形状からきたものだそう雌雄異株、6月頃に咲く花はいずれも小さく4弁で成熟すると反り返るそうです。(花の画像はありません)
ウツボカズラは食虫植物の代表格とされ、約70種あるそうですが独特の虫の捕獲する部分は葉が壺型に変形したものだそうで、まさに意外の所から意外のものが現われた感じです。
032-20.jpg  033-21.jpg
画像をWクリックして下さい。
別 名 ハネフクベ
科 名 ウツボカズラ科
属 名 ウツボカズラ属
性 状 多年草(蔓性食虫植物)
分 布 -  
原産地 フィリッピン、スマトラ、マレー半島  
撮影場所 都立薬用植物園 
撮影年月 2010.12.25

クロガネモチ-2 (もちのき科)-1354 

010-1.jpg
♪赤い鳥小鳥 なぜなぜ赤い 赤い実を食べたの動揺は、作詞北原白秋・作曲成田為三だそうですが、隣家の垣根越しにに見えていたナンテン(-155)センリョウ(-938)マンリョウ(-149)の赤い実は随分前に食べられて無くなっているのに、我が家のソヨゴ(-140)と隣家のクロガネモチはなかなか小鳥が食べてくれません。
どうもモチノキ科の果実は小鳥は苦手なようで食べ物がなくなれば啄ばむようですが、今年は餌が豊富なのでしょうか見向いてもくれません。
クロガネモチ(-916)の詳細は、ここもクリックしてください。
005-2.jpg  012-2.jpg  003-2.jpg
画像をWクリックして下さい。

ティタティタ (スイセン-ひがんばな科)-1353 

新年明けましておめでとうございます。
2011年もボチボチと兎ならず亀の如く更新して参りたいと思いますので、よろしくご訪問下さいますようお願いいたします。
005-1.jpg
…とは言いましてもこの時期は花は少なく、正月用に購入した花で新年のご挨拶とさせて頂きます。
花の脇に付けられた名札には「ティタティタ」とありますが、調べてみますと1万種を超えているスイセンの園芸品種だそうで、)ニホンズスセン(-160)の草丈が20~30センチに対して小さく10~15センチ、ニホンズイセンの花被片が白色で副花冠は黄色ですが、12~4月に下向きに咲くテイタテイタの花は黄色で、細い楕円形の花被片とラッパ状の副花冠と同じ2センチ程の長さになっています。
007-1.jpg  009-1.jpg  
画像をWクリックして下さい。
別 名 テータテート
科 名 ヒガンバナ科
属 名 スイセン属
性 状 多年草(球根植物)
分 布 園芸品種  
原産地 ポルトガル、スペイン北西部  
撮影場所 - 
撮影年月 2011.1.3  

カエンキセワタ (しそ科)-1352 

028.jpg
草原の砂礫地に生えるというカエンキセワタ(火炎被綿)が、都立薬用植物園温室の中で咲いています。
草丈は2メートル程になり、非耐寒性の多年草で花期は10~12月、橙紅色の花を咲かせます。
葉は披針形で粗い鋸歯があり、茎の基部は木質化しビロードのような毛に包まれ、花茎わ取り巻くように2
~3段に花序を付けていました。
それにしても、私のヘンテコな2010年を思い起こすようなピンボケ画像で申し訳ありません。
029.jpg  028.jpg  030.jpg
画像をWクリックして下さい。
別 名 ライオンズイヤー
科 名 シソ科
属 名 カエンキセワタ属
性 状 多年草(常緑亜低木?)
分 布 亜熱帯  
原産地 熱帯アメリカ  
撮影場所 都立薬用植物園 
撮影年月 2010.12.25  
2010年は2度目の手術があり、後遺症がかなりありましたことから、計画していた花との出会いはほとんど断念しましたが、2011年は何とかいろいろな花と出会いたいものだと思っています。
この1年間、ご訪問頂きありがとうございました。
良いお年をお迎えくださいますようご祈念申し上げます。                 花哲
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。