路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イランイランノキ (ばんれいし科)-432 

都立薬用植物園の温室の中で、変わった名前の樹を見つけました。高さ5メートル程の樹の根元には、イライイランノキと名札が付いています。インド、東南アジア、オーストラリアの熱帯に分布する常緑高木で、高さ15メートルにもなるそうです。
変わった名前のほかにもう一つ、イランイランノキの花から、イランイラン油がとれ、18世頃から高級香水として使われることで有名だそうです。
また、花は喘息、葉はかゆみ止めに使われるそうで、ユニークな使い方としては媚薬としても使われる?との事でした。
花弁の長さは6~7センチ、細くねじれて淡黄緑色の花が垂れ下がって咲いていました。花が淡緑色から黄色になるときに、よく香るのだそうですがあまり香りはしませんでした。
20070720084547.jpg
画像をクリックして下さい。
08年4月中旬、花はまだ緑色です。
イランイランノキ
画像をクリックして下さい。


スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。