路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サツマイモ (ひるがお科)-913 

♪石やぁーきイモ、焼芋ー、オイモだよー。美味しいサツマイモだよ~、…。
石焼芋の車が走る季節、かすかに木枯らしに乗って売り声が聞こえます。
都立薬用植物園でとても綺麗な花を見つけました。表記名はイポメア。
カタカナファイルに入れようと調べてみましたら、何と和名はサツマイモ。
サツマイモ(薩摩芋)は、南アメリカ原産で東南アジア、中国、沖縄、九州に伝わってきた外来種で、1737年幕府の命により青木昆陽が栽培に成功し、以後関東地方でも栽培されるようになったとの事です。
沖縄や鹿児島では、9~11月にかけて花を咲かせるそうですが、高緯度になる本州では花は見られないそうです。
草丈は30~60センチ、蔓性の株は1メートル位横に這って伸びます。花の中心部は濃紫色ですが外側になるほど薄くなっています。
色々調べてみたのですが、イポメアは葉の観賞用として育てられているようで、花にはあまり触れていません。
このサツマイモの項は、もう少し調べる必要があると思っています。
イポメア
画像をクリックして下さい。
別 名 イポメア、カンショ、カライモ
科 名 ヒルガオ科
属 名 サツマイモ属
性 状 蔓性多年草
原産地 南アメリカ
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2008.10.31

スポンサーサイト

シロバナユウガオ (ひるがお科)-687 

熱帯アメリカ原産のシロバナユウガオは、別名ヨルガオとも呼ばれていますが、都立薬用植物園の温室の中で花を咲かせていました。
日本には明治初期に渡来したとの事ですが、夏の夕方に芳香ある直径15センチほどの大きな白い花を咲かせ、翌朝には萎んでしまうのだそうです。
この時期の花とは思えませんが、奇麗な花だったので先回りして載せることにしました。それにしても、日中に咲いている花を見れたことはラッキーでした。
シロバナユウガオ-1
画像をクリックして下さい。

ルコウソウ (ひるがお科)-513 

ルコウソウは、熱帯アメリカ原産の蔓性1年草。寛永の頃、鑑賞用として渡来したとありましたが、現在では中部以西の暖地に普通に野生化しているそうです。
葉が羽根状に深く切り込まれており、葉腋から花柄をだし、花筒の長い星型の花から長い雄しべと雌しべを出して咲かせています。花色も赤のほか白、ピンクもあるようです。
花期が過ぎていた都立薬用植物園のルコウソウ(縷紅草)は、細く切り込まれた葉が風に揺られ、寂しそうな雰囲気でしたが、全草や根を乾燥させて解熱材として利用されるとのことでした。
20071014064122.jpg
画像をクリックして下さい。
この花、なかなか色がでないので苦戦しています。2008年10月、同園で再撮影しました。
rukousou.jpg  rukousou-1.jpg
画像をクリックして下さい。




ヒルガオ (ひるがお科)-050 

万葉集の容花(カオバナ)がヒルガオとの説がありますが、この暑い最中に咲くこと自体尊敬しちゃいます。
若葉は茹でて食用に、また、煎じて利尿薬となるとのことです。
20060905141429.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 アメフリバナ、ハタケアサガオ
科 名 ヒルガオ科
属 名 ヒルガオ属
性 状 蔓性多年草
原産地 日本および東アジア?
撮影場所 近隣



サツマイモ (ひるがお科)-007 

サツマイモの切れっぱしを水の中に…。水耕栽培?見事に新芽が出てきました。普通はこの新芽を摘んで畑に植え付けるとサツマイモになるんだそうですが、このまま水耕栽培?を続けていると、この小さな器一杯にサツマイモが育つかな。
そりゃあないですよね。
20060703104407.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 カンショ(甘藷)
科 名 ヒルガオ科
属 名 サツマイモ属
性 状 作物
原産地 中米
撮影場所 自宅
 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。