FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サガリバナ (さがりばな科)-839 

都立神代植物園の温室に、東南アジアの熱帯・亜熱帯に分布している珍しいサガリバナがあると聞いて出かけ、花らしいものを撮りましたが調べてみますと、サガリバナは夜開いて朝には落ちてしまうとの事で、撮った画像は花が落ちた後の状態のものでした。
サガリバナ(下がり花)は、高さ15メートル程になる湿地に生える高木で、葉は長さ20センチ光沢のある楕円形をしています。
葉腋から長さ20センチ近い総状花序が垂れ下がって、4枚の花弁は白色または淡紅色。雄蕊が多数ある花をつけるそうですが、代わって撮れたのは、傍の池に数輪の落ちた花でしたが、これもまた風情がありました。
日本では、南西諸島に自生しているそうで、この花を見るツアーもあるようです。
再度、同園に訪れたとき偶然に2房の花を見つけることが出来、おまけに種子まで撮ることができました。
IMG_0085.jpg  sagari-2.jpg 
sagari-1.jpg   IMG_0092.jpg
IMG_0088.jpg  IMG_0090.jpg
IMG_0091.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 サワフジ
科 名 サガリバナ科
属 名 サガリバナ属
性 状 常緑高木
原産地 東南アジア、日本
撮影場所 都立神代植物公園
撮影年月 2008.9.3-11


スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。