FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツルナ (つるな科)-896 

ツルナ(蔓菜)は日本原産で、砂質の海岸で地を這って蔓状に生育する塩生植物。
海流によって種子が散布されることからアジア、オーストラリア、南アメリカなどにも分布しているそうです。
草丈は40~60センチ、茎はよく分枝し蔓状になって伸び、食べらられることからこの名前が付いたそうです。
分厚い葉は互生し三角状で柄があり、春から秋にかけて葉腋より小さな黄色い花を咲かせます。
戦時中は食用とするため栽培されたこともあり、外国ではニュージランドホウレンソウとも呼ばれているようですが、胃酸過多の薬用としても用いられるそうです。
tsuruna.jpg  tsuruna-1.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 ハマジシャ、ハマアザミ
科 名 ツルナ科
属 名 ツルナ属
性 状 蔓性多年草(塩生植物)
原産地 日本
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2008.9.27


スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。