FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クサキョウチクトウ (はなしのぶ科)-1149 

我が家では先祖を迎え供養する盂蘭盆会(お盆)は8月13日から16日。
このお盆に仏様に供える花の一つににボンバナ(盆花)があり、通常ミソハギ(-438)を指しますがクサキョウチクトウもボンバナと呼ばれています。
花がキョウチクトウ(-754)似ていることから名付けられたというクサキョウチクトウ(草夾竹桃)は、鑑賞用植物として各国で栽培されているそうですが、高温多湿の日本では東京以南では育たないと言われておりますが、一部野生化しているそうです。
草丈は40~120センチで茎は直立し、葉は十字対生または3枚輪生し、長楕円状披針形で縁にとげ状の毛がありました。
通常6~7月に花を咲かせますが、直径2センチ程の合弁花がピラミッド状に固まって咲きます。花冠は高杯形で下部は筒状、上部は5深裂で平開し、花色は白色、桃色、紅紫色などがあるようです。
なお、別名のオイランソウ(花魁草)は、この花の香りが花魁が使用した白粉の香りと似ていることから名付けられたそうで、1958年の売春防止法制定を機に使われなくなったそうです。
kusakyoutikutou.jpg  kusakyoutikutou-2.jpg  kusakyoutikutou-1.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 フロックス・パニキュラータ、オイランソウ、ボンバナ
科 名 ハナシノブ科
属 名 フロックス属
性 状 多年草(帰化植物?)
原産地 北アメリカ
撮影場所 都立神代植物公園
撮影年月 2009.8.8
スポンサーサイト

シバザクラ (はなしのぶ科)-1020 

シバザクラの咲く観光地として、関東では秩父市の羊山公園、高崎市のみさと芝桜公園や太田市の北部運動公園などが有名ですが、極く普通に民家の石垣や近隣公園の花壇の周りに植えられているのを目にします。
シバザクラ(芝桜)は、春を告げる花の一つですが草丈は5~10センチ、地面を這うように広がり枝を密生させ、葉は披針形で長さ1センチ程です。
3~5月、葉腋や枝先に花径2センチ位の白色、濃桃色、薄紫色、青色などの花を密に咲かせます。
花弁の先に切れ込みがあることから桜、花後は芝生のようになることから名付けられたそうですが、現在では多くの園芸種も生まれ、観光に一役買う花になっているようです。
sibazakura-2.jpg  shiba-1.jpg  shiba.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 ハナツメクサ、ハナシバ、モス・フロックス
科 名 ハナシノブ科
属 名 フロックス属
性 状 常緑多年草
原産地 北アメリカ東部
撮影場所 厚木市荻野運動公園
撮影年月 2009.4.15
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。