FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンレンボク (おおぎり科)-1193 

綺麗な花が咲いていると思って近寄ってみましたら黄色い果実。それも超ミニサイズのバナナの形と似ていましたのでびっくり。
カンレンボク(旱蓮木)ば、生命力が強く子孫繁栄などの喜びの象徴として別名キジュ(喜樹)と呼ばれていますが、バナナツリーとも呼ばれているようです。
樹高は20~25メートル程になり、長楕円形の葉は互生し縁は波打っています。
7~8月、淡黄緑色の球形花序を付け小さな花を咲かせますが、枝先には雌花序を葉腋には雄花序をそれぞれ3~4個付けます。(撮ったはずの花の画像が見当たりません。)
果実は4~5センチ程のバナナの形をした集合果で、黄褐色に熟すようです。
日本には大正時代に渡来したそうで、公園などの樹木として使われるほか、果実と根には抗癌作用のある物質が含まれているとの事です。
karen-1.jpg  karen-2.jpg  karen.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 キジュ、バナナツリー
科 名 オオギリ科
属 名 カンレンボク属
性 状 落葉高木
原産地 中国
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2009.10.17
スポンサーサイト

ハンカチノキ (おおぎり科)-1034 

中国の標高1.200~2.000メートルの高山のみに自生していると言われます、1属1種の珍しいハンカチノキに花が咲き始めました。
1.800年代の後半に発見されたと言いますハンカチノキは、雌雄同株だそうで樹高は15~20メートルにもなるそうです。
葉は互生し縁には粗い鋸歯があり、4~5月、枝先に白色の大きな苞葉に包まれた頭状花序を1個付けます。
画像では分かりにくいと思いますが、花序は多数の雄花と1個の両性花からできているそうです。
葉が変形した苞は、成長過程で緑色から乳白色に変わりますが、葉の間から垂れ下った姿が、ハンカチが風に靡いているようにも見え、また、満開になりますと沢山の鳩が集まっているようにも見えることから名付けられたとの事です。
ナンジヤモンジャノキ(-1033)に続いて中国原産の珍しい花が2種続きました。
hankachi-1.jpg  hankachi.jpg  hankachi-2.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 ハトノキ
科 名 オオギリ科(ニッサ科)
属 名 ダヴィディア属
性 状 落葉高木
原産地 中国
撮影場所 都立神代植物公園
撮影年月 2009.4.28
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。