FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴマ (ごま科)-1142 

縄文時代の遺跡からも出土しているというゴマの発祥地は、アフリカのサバンナ地帯だそうで日本には、西域の胡から中国を経由して再渡来したといわれています。
ゴマ(胡麻)の草丈は1メートル程になり茎は四角形で、長楕円形の葉は長さ10センチ程になり茎葉とも軟毛で覆われています。
7~8月、葉腋に鐘状の淡紫色の花を付けますが、茎の下部から咲く花冠は2.5センチの筒状で、先端が外側にめくれ不等な5裂をしており、下唇の3裂片は上唇2裂片より長くなっています。
果実は果の円筒形で4室に分かれ、熟しますと裂開して種子(胡麻)を弾き飛ばすそうです。
ゴマは食用油など古くから利用されてきましたが、最近、高血圧症に効力があるとされ、また、ゴマに含まれる抗酸化物質がガンや老化の予防に効果があると注目されているそうです。、
なお、「胡」を経由して伝わったことから「胡」の付く植物は多くあり、ゴマ(胡麻)のほかキュウリ(胡瓜)、クルミ(胡桃)、コショウ(胡椒)などがあります。
goma-1.jpg  goma-2.jpg  goma-x.jpg  
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 ゴマ科
属 名 ゴマ属
性 状 一年草
原産地 アフリカ
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2009.7.30
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。