FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオドラセナ (りゅうぜつらん科)-1277 

センネンボク(-1238)は、葉が赤いことから別名アカドラセナ(赤ドラセナ)と呼ばれていますが、同属のコルディリネ・ストリクタはアオドラセナ(青ドラセナ)と呼ばれています。
両者とも観葉植物で花が美しいと聞いていましたが、都立神代植物公園の温室の中でアオドラセナが可愛らしい花を咲かせています。
アオドラセナ(青ドラセナ)は、2~3メートル位になる低木だそうで、直立する茎の先端に剣状の細いダークグリーンの葉を密生しています。
通常5~6月に咲く花は枝垂れた円錐花序に付きますが、6枚の花弁は淡い紫色で花径が5~8ミリと小さく、黄色の葯が目立つとても可愛らしい花でした。
aodorasena1.jpg  aodorasena2.jpg  aodorasena.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 コルディリネ・ストリクタ
科 名 リュウゼツラン科
属 名 コルディリネ属(センネンボク属)
性 状 常緑低木
分 布 東南アジア~オーストラリア、ニュージーランド 
原産地 オーストラリア 
撮影場所 都立神代植物公園(温室)
撮影年月 2010.3.13
スポンサーサイト

センネンボク (りゆうぜつらん科)-1238 

観葉植物として人気のあるセンネンボクは、花もまた美しいとのことですが、残念ながらこの時期には花を見ることができません。
センネンボク(千年木)は、一般的には“赤ドラセナ”と呼ばれていますが、赤い花を咲かせるコルディリネ・ターミナリスを指すとの事です。
都立神代植物公園の温室で見られるのはこの赤ドラセナですが、樹高は1~10メートル程になり葉は頂部に螺旋状に集まって付き、葉身の長さは30~60センチ深い溝のある葉柄は10~15センチ程で、葉と茎の色が赤みを帯び茎が竹の節のようになっていることからコウチク(紅竹)とも呼ばれているようです。
なお、2~4月に咲く花はとても綺麗だそうで是非見てみたいと思っています。
sennenboku1.jpg  sennenboku.jpg  sennenboku2.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 コウチク、コルディリネ・ターミナリス
科 名 リュウゼツラン科
属 名 センネンボク属(コルディリネ属)
性 状 常緑低木
原産地 東南アジア
撮影場所 都立神代植物公園(温室)
撮影年月 2009.12.12

アツバキミガヨラン (りゅうぜつらん科)-1194 

公園や道路のグリーンベルトなどで見かけるアツバキミガヨランが、キミガヨランと並んで都薬用植物園の入口に植えられています。
アツバキミガヨラン(厚葉君が代蘭)は、明治の中期に渡来した観葉植物だそうで葉先が鋭く尖って上を向いているのが特徴だそうです。
高さは2メートル程になり(途中から枝分かれすることもある)、枝の先端に肉厚で剣状の革質の葉が集まって付いています。
6~7月と10月頃、2度にわたって1メートル程の花序を出し、白色6弁で鐘形の芳香ある花を密に咲かせますが、花は全開しないとの事です。
学名のYucca gloriosaは"栄光のある"という意味だそうで、「君が代は栄える」との解釈から名付けられたとの事です。
なお、原産地が同じのキミガヨランは、やや小型で葉が多少垂れ下がった種だそうですが、この項で同時に掲載させて頂きました。

アツバキミガヨラン
atsuba-1.jpg  atsuba-2.jpg  atsuba.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 ユッカ?
科 名 リュウゼツラン科
属 名 ユッカ属
性 状 常緑低木
原産地 北アメリカ南部
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2009.10.20

キミガヨラン
kimigayo.jpg  kimigayo-1.jpg  kimigayo-2.jpg  
画像をクリックして下さい。
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2009.10.20

ゲッカコウ (りゅうぜつらん科)-1174 

江戸時代に渡来し花に芳香があり、特に夜になりますと芳香が強くなることから名付けられたというゲッカコウを都立薬用植物園で見られました。
現在、同園では温室を改修中でその為か温室前に鉢植えで3株だけが展示されていました。
ゲッカコウ(月下香)は地下に根茎があり、長さ30~60センチの葉の間から80~100センチ程の花茎を直立に伸ばして、先端に穂状花序を付けます。
花は乳白色で6弁花ですが、角節に2個ずつ付け下から順に咲かせています。
素晴らしく綺麗な肉厚の花ですが、何時ものことながら花に目をとられて全体像を撮るのを失念し、また、肝心の香りの方も確認できないままの中途半端な花の記事と画像となってしまいました。
namaex-1.jpg  namaex-2.jpg  namaex.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 チューベローズ、オランダスイセン
科 名 リュウゼツラン科
属 名 チューベローズ属
性 状 多年草
原産地 メキシコ
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2009.9.13
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。