FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒョウタンウツボカズラ (うつぼかずら科)-1355 

034-22.jpg
娯楽が少なかった子どもの頃、正月の室内での遊びと言えば「いろはかるた」でした。一枚一枚の意味は分からなかったのですが今でも「い」から「京」までは全部覚えています。
その中で「ひ」は「瓢箪から駒」ですが、広辞苑によりますと、①意外の所から意外のものの現われることのたとえ。ふざけ半分のことがらが事実として実現してしまうことなどにいう。②道理の上から、あるはずのないことのたとえとあります。
このヒョウタンウツボカズラ(瓢箪靫葛)はこの植物の形状からきたものだそう雌雄異株、6月頃に咲く花はいずれも小さく4弁で成熟すると反り返るそうです。(花の画像はありません)
ウツボカズラは食虫植物の代表格とされ、約70種あるそうですが独特の虫の捕獲する部分は葉が壺型に変形したものだそうで、まさに意外の所から意外のものが現われた感じです。
032-20.jpg  033-21.jpg
画像をWクリックして下さい。
別 名 ハネフクベ
科 名 ウツボカズラ科
属 名 ウツボカズラ属
性 状 多年草(蔓性食虫植物)
分 布 -  
原産地 フィリッピン、スマトラ、マレー半島  
撮影場所 都立薬用植物園 
撮影年月 2010.12.25
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。