FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメハマナデシコ (なでしこ科)-1214 

整形までして逃亡し、結局、逮捕された男女がいましたが、都立神代植物公園の野草園でヒメハマナデシコと表記された花は花期を逸した所為か、図鑑で見る花の形とやや変わっているようにも見えました。
ヒメハマナデシコ(姫浜撫子)の草丈は10~30センチで日当たりのよい海岸の岩上に生え、根茎は木質で地面に這い茎を群生するそうです。
葉は倒披針形の長楕円形で対生し、やや厚みのある葉は光沢があり縁には微毛が生え先が尖っています。
4~9月、茎頂に集散花序を出して紅紫色の花径が2センチ程の綺麗な5弁花を開きますが、和歌山県など自生地が限られた上に、開発・乱獲によりその数が減少しているとの事です。
himehama-1.jpg  himehama-2.jpg  himehama.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 ナデシコ科
属 名 ナデシコ属
性 状 多年草
原産地 日本
撮影場所 都立神代植物公園
撮影年月 2009.11.10
スポンサーサイト

フシグロ (なでしこ科)-1146 

以前、立山黒部平でフシグロと思って撮影した花は、シレネ・ブルガリス(-085)と呼ぶ原産地がイギリスから北アフリカの外来種で、見たいと思っていた日本原産のフシグロは、手近な都立薬用植物園に咲いていました。
フシグロ(節黒)は、各地の山野で見られ草丈は50センチ程、葉は広披針形で茎の節が赤黒くなっていることから名付けられたようです。
6~9月茎の上部に花を付けますが、0.7~1センチの筒状の萼に対して花は3~5ミリと小さく、5弁花は白色で先端が2裂しています。
やたら萼筒の目立つ花で、白い花が咲いていたのはたった2輪だけでした。
fusiguro.jpg  fusiguro-2.jpg  fusiguro-1.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 サツマニンジン
科 名 ナデシコ科
属 名 マンテマ属
性 状 二年草(越年草)
原産地 日本
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2009.8.7

カラフトエンビセンノウ (なでしこ科)-1107 

カラフトエンビセンノウ(樺太燕尾仙翁)は、北海道や長野・埼玉県に分布しますエンビセンノウ(-821)の近縁種だそうで、草丈は30センチ程で花はやや大きく、花弁の切れ込みが燕の尾に似ており、先端が丸くなっているのが特徴だそうです。
しかし、私の持参する図鑑には記載はなく、サイトを開いていろいろ調べてみましたが詳細は分からず仕舞でした。
花期は終わりに近づいていたようですが、カラフトエンビセンノウの鮮やかな赤朱色の花が美しく、性状について不明なところが多いのですが載せることにしました。
karafutoenbisennou.jpg  karafutoenbisennou-1.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 ナデシコ科
属 名 センノウ属
性 状 多年草(宿根草)
原産地 日本(樺太)?
撮影場所 多摩市グリーンライブセンター
撮影年月 2009.6.13

マツモトセンノウ (なでしこ科)-1074 

梅雨の時期になると咲き始めるといいますマツモトセンノウが、多摩市グリーンライブセンターで見られます。
歌舞伎役者の松本幸四郎の紋所(四つ花菱)に似ていることから名付けけられたと言うマツモトセンノウ(松本仙翁)は、古くから茶花として親しまれていたようです。
草丈は50~70センチ、葉は対生し無柄で茎葉とも褐色を帯びた深緑色をしています。
6~7月に茎頂や葉腋に、鮮やかな朱色を帯びた花を付けます。花弁は5個でエンビセンノウ(-821)のように4深裂ではなく先端が2浅裂し、さらに不規則な歯牙があります。
園芸品種も多いそうで、花色も赤色のほか白色、橙色、桃色などがありますが、同園では白色の花も咲いていました。
matsumotosennou-3.jpg  matsumotosennou-2.jpg
matsumotosennou.jpg  matsumotosennou-1.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 リクニス
科 名 ナデシコ科
属 名 センノウ属
性 状 多年草
原産地 日本
撮影場所 多摩市グリーンライブセンター
撮影年月 2009.6.13

タガソデソウ (なでしこ科)-1051 

都立薬用植物園の温室の横に、鉢の中でタガソデソウが風に吹かれ揺れて咲いています。
タガソデソウ(誰袖草)は、低山から亜高山の落葉樹林下に生えているそうで草丈は40センチ位、葉は広披針形で長さが5~7センチほどあります。
5から6月、細い茎先の集散花序に白い花を咲かせますが、花径2センチ程の白色の5弁花は、透き通った感じでレースのようにも見えます。
何でも、古今集の「色より香こそあはれと思ほゆれ 誰袖ふれし宿の梅もぞ」から名前が付けられたそうですが、香はしませんでした。
takasodesou.jpg  takasodesou-1.jpg  takasodesou-2.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 ナデシコ科
属 名 ミミナグサ属
性 状 多年草
原産地 日本?
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2009.5.12
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。