FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュウキュウマメガキ (かきのき科)-1228 

都立神代植物公園の"せせらぎの小路"に背の高い柿の木があり、見上げますと小さなリュウキュウマメガキが黄色く熟しており、風の悪戯か地面にも枝ごと落ちていました。
リュウキュウマメガキ(琉球豆柿)は、樹高が10メートル程になり雌雄異株だそうで、葉は長さ10センチの長楕円形で、初夏に新しい枝の葉腋に雌花は1個、雄花は2個直接付きます。花は先端が4裂した壺形で、白い花冠は直径が1センチ程で花も萼も厚く硬いそうです。
初秋は大きな葉の間に隠れて見えませんが、葉が落ちますと直径2センチ程で黄褐色の球形の果実が見えます。
この小さい柿は一見美味しそうに見えますが、"柿渋"に使われるほど渋いそうです。
mamegaki.jpg  mam.jpg  mam1.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 シナノガキ
科 名 カキノキ科
属 名 カキノキ属
性 状 落葉高木
原産地 日本
撮影場所 都立神代植物公園
撮影年月 2009.11.27
スポンサーサイト

カキノキ (かきのき科)-099 

散歩コースの途中、ちょっとした畑の脇に柿木があるのをよく見かけます。葉が少しずつ落ちて黄色実掛かった柿が顔を覗かせ始めると、秋本番の感じがします。
カキはたくさんの種類があるようすが、このカキが「富有」なのか「次郎」なのか「江戸一」なのか分りません。
子どもの頃はよく取って食べたものですが、今の子どもは見向きもしないようです。
20061011100640.jpg
画像をクリックして下さい。

別 名 -
科 名 カキノキ科
属 名 カキノキ属
性 状 落葉樹
原産地 日本
撮影場所 近隣







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。