FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モクレイシ (にしきぎ科)-1273 

モクレイシ(木茘枝)と言う聞き慣れない樹木ですが、暖地の海岸近くの林の中に生え樹高が3~4メートル程になる低木で、庭木として利用されるとの事です。
長さ5~13センチ程の楕円形または円形の葉は対生し、革質無毛で鋸歯のない全縁となっています。
3~4月、葉腋に集散花序を出し緑白色で直径5ミリ程の小さな花を咲かせますが、雌雄異株で花弁は5枚。雄蕊が目立つのが雄花で雌蕊が目立ち花弁の小さいのが雌花だそうです。
果実は楕円形の果で、冬に熟しますと2裂して真っ赤な種子を見ることが出来るそうですが、画像の花は雄花と思われ残念ながらこの木では見られないと思います。
なお、モクレイシとは、ツルレイシ(ニガウリ-458)に対して付けられた名だそうで、赤い種子がニガウリと似ている事に由来し牧野富太郎が名付け親だそうです。
mokureishi2.jpg  mokureishi1.jpg  mokureishix.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 フクボク、クロギ
科 名 ニシキギ科
属 名 モクレイシ属
性 状 常緑低木
分 布 神奈川県、千葉県、伊豆半島、伊豆諸島、九州、沖縄、台湾
原産地 日本?
撮影場所 東京薬科大学薬用植物園
撮影年月 2010.3.1    
スポンサーサイト

ツリバナ (にしきぎ科)-1056 

花や実が吊り下がっている事から名前が付けられたというツリバナの花が、5月の風に吹かれて揺れています。
ツリバナ(吊花)の樹高は3~5メートル程になるそうですが、都立薬用植物園で見たそれは高さ1.5メートル程で鉢植えでした。葉は単葉で互生し長卵形で、葉縁には細かい鋸歯があります。5~6月、葉腋より長さ6~15センチ程の花柄を出し、直径6~7ミリのやや淡紅紫色を帯びた5弁花を開きます。
秋になりますと紅葉するとの事ですが、直径9~12ミリの球形の果を実らせ、熟して5裂しますとマユミ(-154)似た朱赤色の仮種皮に包まれた種子が現れるそうです。
花は何とか撮りましたので、果も是非お目にかかりたいと思っています。
turibana.jpg  turibana-2.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 ニシキギ科
属 名 ニシキギ属
性 状 落葉低木
原産地 日本?
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2009.5.15

マユミ (にしきぎ科)-154 

高尾山のケーブルを降りて、しばらく山頂に向かって歩いて行くと、最初の茶屋の前に、大きなマユミの木がありました。
ちょっと高い位置だったので、90ミリレンズをつけたのですが、かなりのピンボケとなりました。
高さ15㍍にもたっする大木とのことですが、よく盆栽に仕立てたものを見かけます。
20061215154343.jpg
画像をクリックして下さい。
5月上旬、神代植物園で花が咲いていました。綺麗な実とかけ離れた花でした。
20070522171123.jpg  mayumi-1.jpg  mayumi.jpg
画像をクリックして下さい。
07年11月、高尾山頂上付近のマユミを300ミリレンズで撮りました。
20071106210345.jpg  20071106210454.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 ヤマニシキギ
科 名 ニシキギ科
属 名 ニシキギ属
性 状 落葉小高木
原産地 日本、中国
撮影場所 高尾山、都立神代植物公園

ニシキギ (にしきぎ科)-137 

折角の土日なのに朝から雨。歳を重ねた所為か釣りにも出ず、ましてやカメラ担いで散歩はもってのほか。
相変わらず、前に撮影した画像ですが神代植物公園で見つけたニシキギです。
枝が硬いコルク質に変形していないものもあるそうで、これをコマユミと言うそうです。
zxz-2.jpg  20061119160432.jpg
画像をクリックして下さい。

別 名 ヤハズニシキギ
科 名 ニシキギ科
属 名 ニシキギ属
性 状 落葉低木
原産地 日本、中国
撮影場所 都立神代植物公園


ツルウメモドキ(にしきぎ科)-134 

ツルウメモドキを見たのは高山祭を見に行った時で、山車の引き回しが始まる前に、ぶらりと町中を歩いている時に見つけました。
クリスマスの時のリースみたいに、何気なく格子に飾ってありました。
高山っ子の心意気を感じ、シャッターを押しました。
20061117192215.jpg
画像をクリックして下さい。
多摩川の散歩コースでも見つけました。
20061119173001.jpg
画像をクリックして下さい。
都立薬用植物園でも真っ赤に熟していました。
ツルウメモドキ
画像をクリックして下さい。
ツルウメモドキ-2
画像をクリックして下さい。

別 名 -
科 名 ニシキギ科
属 名 ツルウメモドキ属
性 状 蔓性落葉低木
原産地 日本、朝鮮
撮影場所 高山、大栗川、都立薬用植物園




ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。