路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマノイモ (やまのいも科)-917 

本州以西の各地、朝鮮半島、中国に分布する雌雄異株のヤマノイモは、林の中や道端の草むらに普通に見られます。
ヤマノイモの蔓の長さは1~2メートル、長さ5~10センチ程の細長い三角形の葉は対生し、上から見ると左巻きに伸びるのだそうです。
地中にできるイモは「担根体」と呼ばれ、蔓の基部に出来た冬芽の一番下の節と節の間が、春から夏にかけて肥大し地下に潜ったもので根ではないそうです。
夏、葉腋から穂状の花序を付けますが、白い花を多数付けた雄花序は直立し、白い花がまばらな雌花序は垂れ下がります。
その後、三つの羽根を張り合わせたような種子を付けます。また、葉腋に発生するムカゴは画像的にも面白く、食べられるそうです。
ヤマノイモ yamaimo.jpg yama.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 ヤマイモ、ジネンジョ
科 名 ヤマノイモ科
属 名 ヤマノイモ属
性 状 蔓性多年草
原産地 中国?
撮影場所 都立薬用植物園、近隣
撮影年月 2008.7.13(花・薬)、9.27(ムカゴ・薬)、12.3(種子・近)



スポンサーサイト

トコロ (やまのいも科)-153 

八王子の小宮公園で撮りました。何にもなくてこのまま帰ろうかと思った時に見つけました。トコロ(オニドコロ)と思われますが、何せ葉は全くなく枯れ果てていました。
もしかしたら、エドドコロ(ヒメドコロ)、タチドコロかもしれません。
20061205142403.jpg
画像をクリックして下さい。

別 名 -
科 名 ヤマノイモ科
属 名 ヤマノイモ属
性 状 蔓性多年草、雌雄異株
原産地 日本
撮影場所 都立小宮山公園


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。