路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キバナイカリソウ (めぎ科)-1008 

キバナイカリソウ(黄花錨草)は、近畿・中部地方、東北地方の日本海側、北海道南部の山地に分布しているそうで、東京の植物園で見られることは嬉しいことです。
キバナイカリソウの草丈は20~30センチ、葉は2回3出の複葉で小葉は心臓型、縁に棘状の毛があります。
葉の下部に淡黄色の花を付けますが、花弁は4枚、萼片は8枚あり、2センチ程の突出した長い距が特徴だそうです。
日本にある近縁種としてトキワイカリソウ(-227)バイカイカリソウ(-702)がありますが、薬用植物として全草が強壮剤として使われるとの事です。
薬用植物園で撮りましたが、かなり白に近い花色でした。
kibanaikarisou-1.jpg  kibanaikarisou-3.jpg  kibanaikarisou-2.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 メギ科
属 名 イカリソウ属
性 状 多年草
原産地 日本
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2009.3.30
スポンサーサイト

フユザキヒイラギナンテン (めぎ科)-955 

ヒイラギナンテン(-168)は3~4月にかけて開花しますが、フユザキヒイラギナンテンは12~1月にかけて咲きます。
フユザキヒイラギナンテン(冬咲き柊南天)は、通常マホニア・チャリティーと呼ばれヒイラギナンテンの園芸種だそうで、樹高は1~3メートル、葉は奇数羽状複葉で、小葉の鋸歯の先端は棘になっています。
12~1月に開花する花は、多数の黄色い小花を付けた花穂を上向きに伸ばしますが、花弁のように見えるのは萼片だそうで9枚で構成されています。
花の少ない時期に、仄かな香りと共に寂しくなり勝ちなこの時期に明るくしてくれる花の一つで、近年公園や庭木としてよく見かける花になりました。
hiragi.jpg  hiragi-2.jpg  hiragi-3.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 マホニア、マホニア・チャリティー
科 名 メギ科
属 名 ヒイラギナンテン属(マホニア属)
性 状 常緑低木
原産地 中国、台湾
撮影場所 多摩市グリーンライブセンター
撮影年月 2009.1.14

※記事の中の青色のヒイラギナンテンをクリックしますと、柊南天の項にジャンプします。



セイヨウメギ (めぎ科)-943 

樹高が3メートル程になるセイヨウメギは、公園樹や庭木として利用されていますが都立神代植物公園では、生垣の見本の一つとして紹介されていました。
セイヨウメギ(西洋目木)は、三分岐する鋭い棘があり、初夏、下垂する総状花序に黄色の花を咲かせ(花の画像がありませんのでメギ(-583)ホソバテンジクメギ(-700)を見てください。)、秋に白粉の吹いた暗紫色の果実を稔らせます。
根は高い抗菌作用と免疫機能促進の作用があり、感染症から守ってくれるそうです。
それにしても棘は強烈、それに花も実も綺麗とあって生垣としてはなかなかのものと思われました。
seiyouumegi.jpg  seiyouumegi-1.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 バーベリー
科 名 メギ科
属 名 メギ属
性 状 落葉低木
原産地 ヨーロッパ
撮影場所 都立神代植物公園
撮影年月 2008.12

※記事の中の青色のメギ、ホソバテンジクメギをクリックしますと、それぞれ目木、細葉天竺目木の項にジャンプします。


アメリカハッカクレン (めぎ科)-709 

北アメリカ原産のアメリカハッカクレンは、ポドフィルムとも呼ばれておりハッカクレン(-266)の毒々しい花と違って、清楚な真白い花を葉の下に咲かせています。
草丈が20~30センチ位の多年草で、全草に毒成分があるそうですが根茎を下剤として使用するそうです。また、近年では抗癌薬の開発にも使われているそうです。
都立薬用植物園の柵の中で咲くこの花を撮るのには、相当な苦労が必要でした。
ボトフィルム
画像をクリックして下さい。
ボトフィルム-1
画像をクリックして下さい。

バイカイカリソウ (めぎ科)-702 

バイカイカリソウは多年生草木で山麓、樹林下、道路端などに生育しているとの事ですが、周りの植物の草丈が大きくなると衰退してしまうそうです。さらに近年、園芸用に多数盗掘されているそうで、レッドデータブックに登録している県もあるようです。
バイカイカリソウ(梅花錨草)は、草丈が10~30センチ、花茎の先にうつむき加減の梅の花に似た白い花を咲かせます。
他のイカリソウ(-226、-227、-686)に見られる距がなく、花びらのように広がっているのは額だそうで、花弁はその内側にひっそりとついています。
都立薬用植物園で鉢植えにされていたものを撮りましたが、良い画像ではありませんでした。
baikaikarisou.jpg  バイカイカリソウ  バイカイカリソウ-1
画像をクリックして下さい。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。