FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムベ (あけび科)-1303 

アケビと同じ仲間のムベの果実は、古来より「無病長寿の霊果」として珍重されていますが、これは、名前の由来ともされています天智天皇(626-671年)が、狩りの途中で8人の子を持つ老夫婦に長寿の秘訣を聞いたところ、この地で採れる果物を食すことと答え、それを食べた天皇が「宣(ムベ)なるかな」といったことにあるとか。
ムベ(郁子、野木瓜)は、近くの木などに絡まって成長し高さ5メートル程になり、柄のある葉は掌状複葉、小葉は長さ5~10センチで5~7枚、表面は濃緑色で光沢があり全縁、大きな波状となっています。
4~5月、葉脇に短い総状花序をだし白色花を3~7個開きますが、花弁はなく萼片が6枚で半開します。
雌雄同株だそうですが見分けが難しく、多摩市グリーンライブセンターで咲いていた花も雄花、雌花の区別ができませんでした。
なお、アケビ(-278)とは違って冬でも緑の葉があり、10~11月に実る果実(液果実)は卵円形で長さ5~8センチ、暗紫色に熟しますが裂開しないそうです。
また、ムベの葉は、幼蔓のときは3枚、その後5枚となり実が成る頃には7枚になるので、「七五三の縁起木」ともいわれています。
mube1.jpg  mube.jpg  mube2.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 トキワアケビ、ウベ
科 名 アケビ科
属 名 ムベ属
性 状 常緑蔓性木本  
分 布 関東以西、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国
原産地 日本、朝鮮半島、中国
撮影場所 多摩市グリーンライブセンター
撮影年月 2010.4.24
スポンサーサイト

アケビ (あけび科)-278 

アケビは長い柄の先に5枚の小葉が付いています。ミツバアケビと異なり、花は淡紫色で、一回り大きいと思います。
4月中旬、日影の民家の棚に沢山の花を付けていました。
同行した友人の話では、何でもこのアケビの茎の先端を、山菜として食べるのだそうです。ほろ苦い味がするそうです。
20070416104043.jpg
画像をクリックして下さい。


ミツバアケビ (あけび科)-224 

アケビは新芽が出始めた途端花が咲き始めます。高尾駅から小仏のバス道路の途中のミツバアケビは花が咲き始めたところでした。
アケビは雌雄同株だそうで、多数の小型の雄花と数個のやや大型の雌花で一房になっています。ミツバアケビは名前のとおり、長い柄の3枚葉で構成されています。
子どもの頃、口を開いたアケビを見つけると中の白い果肉を頬張り、柔らかな甘味を味わった後、ペッペッと黒い種子を吐き出した記憶が蘇りました。
20070407160514.jpg
画像をクリックして下さい。


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。