路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キブシ (きぶし科)-243 

キブシは、裏高尾の散策コースや自宅近くの公園でもよく見かけます。新芽が出始める直前頃、やや茶黄色がかつた鐘状の花を穂状にたらします。キブシの果実は染色用として黒色に染めるときに使われるとの事です。
ちなみに和名の「木五倍子」の五倍子(フシ)は、ヌルデなどに付くアブラムシにより、その刺激でできた瘤が多量のタンニンを含んでおり、薬用・染色用・インク製造用として使われてきたとの事です。
20070410110918.jpg
画像をクリックして下さい。
2008年6月、都立薬用植物園で果を見つけました。
キブシ  kibu.jpg
  画像をクリックして下さい。
2009年3月21日、都立小山内裏公園の尾根道にキブシが咲いています。
kibushi-1.jpg  kibushi.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 マメブシ、ギブシ
科 名 キブシ科
属 名 キブシ属
性 状 落葉低木(雌雄異株) 
原産地 日本
撮影場所 裏高尾、都立薬用植物園、都立小山内裏公園
撮影年月 2007.4、2008.6、2009.3.21
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。