FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツゲ (つげ科)-1272 

モチノキ科のイヌツゲ(-579)とは違い別名ホンツゲとも呼ばれるツゲ(黄楊)は、材が黄褐色で極めて緻密で硬質なことから古くから櫛や将棋の駒、算盤玉、印判、版木などに使われています。
樹高は1~5メートル幹径が5~10センチですが、稀に高さ10メートル、根元径が40センチにもなることがあるようです。
雌雄同株。革質で光沢のある葉は対生し長さ1~3センチ、逆さ楕円形の葉は全縁で裏側に反っています。葉に毒成分があり、多量に食べると嘔吐やけいれんを起こすとの事です。
3~4月に枝先の葉腋に咲く小さい黄色の花は花弁はなく、放射状に出た沢山の雄蕊の中に緑色の目立たない雌蕊が1個あります。
なお、果は長さ1センチの卵形で先端に3個の花柱が角状に残り、種子は黒くて光沢があるようです。
tsuge2.jpg  tsuge1.jpg  tsuge.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 ホンツゲ、アサマツゲ
科 名 ツゲ科
属 名 ツゲ属
性 状 常緑低木
分 布 関東以西の本州、四国、九州
原産地 日本
撮影場所 東京薬科大学薬用植物園
撮影年月 2010.3.1
スポンサーサイト

フッキソウ (つげ科)-260 

フッキソウが復帰しました。洒落にもなりませんがこの花、神代植物公園に咲いていましたが、名前が分からず私のハテナファイルに格納されていました。先日、園のボランティアガイドさんに教えていただき、フッキソウであることが判明しました。
何でも、フッキソウは常緑の低木で3月末に茎の先端に穂状の花序を付けます。常緑で葉が良く茂ることから、繁栄の意味をとって富貴草の名が付いたそうです。
20070413170215.jpg
画像をクリックして下さい。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。