FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌルデ (うるし科)-1201 

台風一過の好天の中、小さな秋を探しに都立野山北・六道山公園歩きましたら、色付き始めた背丈ほどのヌルデと出会う事が出来ました。
ヌルデ(白膠木)は、樹を傷付けると出る白い樹液を器に塗ったことから名付けられた落葉高木で、樹高は6メートル程になり雌雄異株の樹木との事です。
葉は奇数羽状複葉で互生しており、葉軸にはヌルデの特徴でもあります翼があります。
7~8月に開花する花は、円錐花序で数ミリの白い5弁花を咲かせるそうです。
秋には、直径4ミリ程の扁平でリンゴ酸カルシウムの白い粉で覆われた果実を付けますが、今回は果実を見ることができませんでした。
なお、ウルシ程ではないとの事ですが、稀にかぶれる人もいますことから要注意の樹木だそうです。
nourushi.jpg  nourushi-2.jpg
画像をクリックして下さい。
別  名 フシノキ、カチノキ
科  名 ウルシ科
属  名 ヌルデ属
性  状 落葉高木
原産地 東南アジア~東アジア
撮影場所 都立野山北・六道山公園
撮影年月 2009.10.27
スポンサーサイト

スモークツリー (うるし科)-381 

多摩市立グリーンライブセンターには思いがけない花木が大事に育てられ、訪れる人を楽しませてくれます。このスモークツリーもその一つで、センター入り口の温室の入り口にありました。
スモークツリーは、落葉高木で3から5メートルほどになるそうで、中国・ヨーロッパが原産地だそうです。
花はまだ見たことはありませんが、花の散った後花柄がふわふわした毛のように伸びて、それが煙のように見えることから名付けられたそうです。別名ハグマノキ(白熊)、カスミノキ(霞)、ケムリノキ(煙)とも呼ばれ手いるようで、センターには花柄が白色、ピンクがありました。
20070625221640.jpg
画像をクリックして下さい。
20070625221713.jpg
画像をクリックして下さい。
2008年4月、同園で花を見つけました。
スモークツリー
画像をクリックして下さい。


ハゼノキ (うるし科)-282 

別名ハゼ、ロウノキとも呼ばれていますハゼノキは、秋になって互生した葉が赤く染まり、直径1センチほどの黄色の実がなります。
何でも雌雄異株だそうでこの実の皮からロウを撮るそうです。
しかし、かぶれることもあるので触らないほうがいいといわれました。
高尾山の参道に咲いていました。
20070417133112.jpg
画像をクリックして下さい。
昨年9月中旬立山へ行ったときの画像です。まだ紅葉には早かったようでした。
20070417134833.jpg
画像をクリックして下さい。

別 名 
科 名 科
属 名 属
性 状 
原産地  
撮影場所 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。