路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベニベンケイソウ (べんけいそう科)-1248 

またまたベンケイソウ科の花で申し訳ありませんが、花屋さんの店頭でカランコエという名前で売られていますベニベンケイソウが我が家の仲間になりました。
カランコエは、ブロスフェルディアナと呼ばれる種とベニベンケイソウとの園芸種だそうで、草丈が10~40センチ程で葉は肉厚で対生し粗い鋸歯があります。
開花時期は11~4月だそうで葉の間から花茎を伸ばし、花径が1センチ程の小さな可愛らしい4弁花を房状に付けます。花色は紅色、黄色、橙色、白色など多彩ですが現在では、開花調整技術の進歩ににより一年中開花し店頭に並ぶようです。
benibenkei1.jpg  benibenkei2.jpg  benibenkei.jpg
benibenkei4.jpg  benibenkei3.jpg  benibenkei5.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 カランコエ、ベニベンケイ
科 名 ベンケイソウ科
属 名 カランコエ属
性 状 多年草(常緑多肉植物)
原産地 マダガスカル
撮影場所 店頭
撮影年月 2010.1.17
スポンサーサイト

フチベニベンケイ (べんけいそう科)-1247 

カネノナルキ(金の成る木)の花を今まで見たことがなかったのですが、都立神代植物公園で綺麗な花を咲かせているのを初めて見ることが出来ました。
カネノナルキは流通名だそうで、正式な和名はフチベニベンケイ(縁紅弁慶)といい樹高が1~3メートル程になるそうですが、良く見かけるものは鉢植えにされている30センチ程のものです。
フチベニベンケイは“花月”という名で古くからある多肉植物だそうで、長さ3センチ程の葉は楕円形か卵形で厚く光沢があり、葉縁に赤味が入っています。
冬から春にかけて、花径5~7ミリの薄桃色で星型の花を多数咲かせます。
神代植物園の展示室で見た花は桃色で終わりに近づいていましたが、同園の温室で見た花の方は白くこれから最盛を迎えるようでした。
(左と中央の画像は展示室、右の画像は温室で見たフチベニベンケイ)
kane1.jpg  kane.jpg  kane2.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 カネノナルキ、カゲツ
科 名 ベンケイソウ科
属 名 クラッスラ属
性 状 常緑多肉性低木
原産地 南アフリカ
撮影場所 都立神代植物公園(展示室、温室)
撮影年月 2010.1.16

ツメレンゲ (べんけいそう科)-902 

ツメレンゲは関東以西、四国、九州の山地の岩場に生える多年草だそうで、葉は細長く尖った動物の爪に、また、葉が多重に重なった状態が蓮の花に似ていることから名付けられたそうです。
ツメレンゲ(爪蓮華)の草丈は10~30センチ、茎は多肉質で葉の先端が鋭く尖っています。
10~11月、中心から花茎を出し、やや白味がかったクリーム色の花を密に付けます。花弁は5枚、雄蕊10本、雌蕊5本で葯は紅色でとても綺麗です。
また、ツメレンゲは、珍蝶クロツバメシジミの食草としても知られているそうです。
tumerenge18.jpg  tumerenge18-1.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 ベンケイソウ科
属 名 オロスタキス属
性 状 多年草
原産地 日本、中国
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2008.11.18


キリンソウ (べんけいそう科)-893 

アキノキリンソウ(-531)に隠れて掲載が延び延びになっていたキリンソウは、北海道から九州にかけて分布する多年草。
キリンソウ(麒麟草、黄輪草)は草丈は10~30センチ、山地の草地や海岸の崖地などにかたまって咲いています。
葉は多肉質、やや丸型で長さは3~4センチ、葉柄がないことからサボテンを思い起こします。
ベンケイソウ(-507)は、淡紅色の花を咲かせますがキリンソウは、6~7月にかけて星型の黄色い5弁花を、茎頂に輪状に密に付けます。
キリンソウ-1  キリンソウ
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 ベンケイソウ科
属 名 キリンソウ属
性 状 多年草
原産地 日本
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2008.7

テカリダケキリンソウ (べんけいそう科)-783 

長野県と静岡県の境にある光岳(テカリダケと呼ぶそうです)が原産というテカリダケキリンソウ(光岳麒麟草)が、湯沢高原「アルプの里」で咲いています。
テカリダケキリンソウは、キリンソウより小型で草丈10センチ程でキリンソウの地域変異種とのことです。
別名テカリダケマンネングサ(光岳万年草)とも言われ、亜高山帯に生える常緑多年草で葉は厚く、葉の縁が赤くなっています。
6~7月、黄色い花を咲かせますが同じ仲間のツルマンネングサ(-328)やヒメレンゲ(-711)などと同じ花の形をしています。
光岳原産という日本固有種に出会えたことは、本当にラッキーでした。
テカリダケキリンソウ  テカリダケキリンソウ-1
画像をクリックして下さい。


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。