FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴンズイ (みつばうつぎ科)-918 

都立薬用植物園内にある武蔵野の環境を残した林の中で、真赤に熟したゴンズイの実を見つけました。
関東以西、四国、九州に分布するゴンズイ(権萃)は、材質が脆く役に立たないことから、役立たずの魚、ゴンズイに因んで名づけられたようで樹高は6メートル程になるそうです。
長さ5~9センチの楕円形の葉は、奇数羽状複葉で対生しています。
5~6月頃、新しい枝先に長さ10~20セナチの円錐花序を出し、黄色の小さな花を多数付けます。
9~11月に見られる果実は袋果で、長さ1センチの半月形、果皮は肉質で厚く赤く熟し、裂開すると光沢のある黒い種子が1~2個見えます。
残念ながら時期を逸したらしく黒い種子はなく、また、花の画像もありません。
gonzui.jpg  gon.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 キツネノチャブクロ、クロクサギ
科 名 ミツバウツギ科
属 名 ゴンズイ属
性 状 落葉小高木
原産地 日本
撮影場所 都立薬用植物園(林)
撮影年月 2008.12.4

スポンサーサイト

ミツバウツギ (みつばうつぎ科)-334 

裏高尾の散策コースで南淺川沿いを歩きますが、途中でミツバウツギが咲いていました。花弁も萼も白一色です。葉っぱに細かい鋸歯がありました。図鑑では花は完全には開かないとありました。また、若葉は食べられるそうです。
20070511105116.jpg
画像をクリックして下さい。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。