FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトツバタゴ (もくせい科)-1033 

雪が積もったと見違えるような花が、都立神代植物公園に隣接する「深大寺」の境内で見られます。これは「なんじゃもんじゃの木」として知られるヒトツバタゴの花で、今、真っ盛りに咲いています。
ヒトツバタゴ(一葉タゴ)の樹高は15~20メートルにもなる高木で、葉は対生し長楕円形で長さは3~7センチ、長い葉柄があり裏面には細毛があります。
なお、「タゴ」は複葉のトリネコの別名だそうで、本種をトリネコの仲間と思い単葉であることから名付けられたようです
雌雄異株だそうですが、4~5月枝先より円錐状集散花序を出し、多数の白色の花を咲かせます。花冠は長さ1.5~2センチメートル、深く4裂しています。
ヒトツバタゴは、日本において希少種の一つで絶滅危惧II類に指定されているとの事です。
hitotsubatago.jpg  hitotsubatago-1.jpg  hitotsubatago-2.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 ナンジャモンジャノキ、ナンジャモンジャ
科 名 モクセイ科
属 名 ヒトツバタゴ属
性 状 落葉高木
原産地 中国
撮影場所 深大寺
撮影年月 2009.4.28
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。