路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミヤマカラマツ (きんぽうげ科)-1061 

これで咲いているのか、それともこれから花開くのか全く分からない花のミヤマカラマツを都立薬用植物園で見られます。
ミヤマカラマツ(深山唐松)は、5~6月に茎頂に白い花を咲かせますが、アキカラマツ(-465)などカラマツソウの仲間には花びらがすぐに落ちてしまい、白い花のように見えるのは雄蕊の柄だそうです。
ミヤマカラマツは、山地から亜高山に生え草丈は20~70センチ、根生葉には長い柄があり2~3回出複葉で鋸歯には丸みがありました。
ちょっと夏には早いのですが、花全体が線香花火みたいにも見えました。
なお、アキカラマツは花の色が薄黄色となっています。
ooyagisou.jpg  ooyagisou-2.jpg  ooyagisou-1.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 キンポウゲ科
属 名 カラマツソウ属
性 状 多年草
原産地 日本?
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2009.5.12
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。