FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナタマメ (まめ科)-1138 

福神漬の中身に銅鉾のような形をしたものが入っていますが、これはナタマメの鞘を輪切りにしたもので鞘は40センチにもなる巨大な豆だそうです。
その形が鉈や刀に似ていることから、鉈豆(ナタマメ)とか刀豆(トウズ)と呼ばれるようになったそうで、江戸時代に伝来し茎は蔓性で3小葉の複葉を互生しており、6~7月、葉腋に花序をつくって長さ3.5センチの大きい蝶形で白色もしくは紅色の花を咲かせます。
花後に出来る豆の入った鞘は、肉質で幅5センチ長さ40センチにもなるということで、中の豆も長さ5センチのものが8~16個も入っているそうです。
花は酢漬けや染色として、若い鞘は福神漬や粕漬・味噌漬に、そして有毒成分があると言われる豆は、食用や薬用・健康茶として利用されるとの事です。
暑い日差しの下でアリさん達が、この花の周りを忙しそう歩き回っていました。
natamame.jpg  natamame-2.jpg
natamame-1.jpg  natamame-x.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 トウズ、タチマメ、タテハキ
科 名 マメ科
属 名 ナタマメ属
性 状 蔓性多年草
原産地 熱帯アジア
撮影場所 東京薬科大学薬用植物園
撮影年月 2009.7.27
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。