路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスミトケイソウ (とけいそう科)-1267 

トケイソウの仲間では最も小さい花が咲き、観賞用に導入されたものが野生化し帰化したとされるミスミトケイソウの花と果実を都立薬用植物園で同時に見られます。
ミスミトケイソウ(三角時計草)の茎は巻きひげとなり、他の植物に絡みついて伸び年月を経ますとコルク状になるそうで、高さは3~5メートルに達するそうです。
互生する長さ4~6センチの葉は披針形で3裂しており、この形がミスミ(三角)であることから名付けられたそうです。
通年咲いていると言われます花は腋生し、花冠の直径はトケイソウ(-389)よりかなり小さい1~1.5センチで、花弁と萼片は緑黄色しており、副花冠は赤紫色で蛇の目状に入っています。
なお、直径7~8ミリ程で球状楕円形の緑色の果実を実らせますが、熟しますと別名のクロミノトケイソウ(黒実の時計草)のとおり黒くなります。
tokei1.jpg  tokei.jpg  tokei2.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 クロミノトケイソウ、スズメノトケイソウ
科 名 トケイソウ科
属 名 トケイソウ属
性 状 常緑蔓性多年草(帰化植物)
分 布 中南米を中心に、西インドや太平洋各地・東南アジア(含沖縄県)
原産地 南アメリカ
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2010.2.23
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。