FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イトスゲ (かやつりぐさ科)-1304 

都立神代植物公園の野草園で、しっかりとイトスゲという表記名をもらっている地味な植物があります。
イトスゲ(糸菅)はミヤマカンスゲ(-1279)などと同じ仲間ですが、葉が極めて細く高尾山でみられるカンスゲ(-191)の幅が3~8ミリであるのに対し、葉幅が0.3~1ミリしかありません。
まばらに叢生する草丈は15~30センチ程で葉は軟らかく、基部の鞘は淡褐色をしています。
4~5月、葉の間から花茎を伸ばし、その先端に付く小穂は2~3個。
茎頂の小穂は雄花でその下に雌花を付けるのだそうですが極めて小さく、素人の悲しさ画像的に極めて稚拙なものになってしまいました。
itosuge1.jpg  itosuge2.jpg  itosuge.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 カヤツリグサ科
属 名 スゲ属
性 状 多年草  
分 布 北海道~九州、朝鮮南部
原産地 日本
撮影場所 都立神代植物公園
撮影年月 2010.4.21
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。