FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミヤマカンスゲ (かやつりぐさ科)-1279 

裏高尾の杉林でカンスゲ(-191)を、自宅との林地の境でヒメカンスゲ(-671)を見ることが出来ますが、東京薬科大学薬用植物園の林地の中でミヤマカンスゲと表示のある植物と出会うことが出来ました。
ミヤマカンスゲ(深山寒菅)は、大きな株をつくって生育し、葉の幅が3~8ミリと広い割合には小穂や稈(茎)は細く、カンスゲと比べて葉にザラ付き感はなく基部は赤みがあり光沢があります。
3~6月、茎の先端に1個の雄小穂を付け、その下に小さな雌小穂付けますが画像では良く見ないと分かりません。
しかし、裏高尾で出会ったカンスゲが、もしかしたらミヤマカンスゲかもしれないとちょっとビビっての紹介となりました。
miyamakansuge-z.jpg  miyamakansuge1.jpg  1miyamakansuge.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 カヤツリグサ科
属 名 スゲ属
性 状 多年草
分 布 北海道、本州、九州 
原産地 日本 
撮影場所 東京薬科大学薬用植物園
撮影年月 2010.3.13  
スポンサーサイト
コメント
素人の強み!
信徳さん、素人の強さで何でもかんでも載せちゃって後でビビっています。
今日予定のスミレも同定が難しいのですが、エイヤッと載せたいと思っています。
再確認
寅太さん、これには薬大のしっかりとした表記名が付いていました。
…が、前に撮ったカンスゲが心配になっています。
今一度の確認が必要なようです
小下沢
式神38さん、昨日小下沢林道を歩きましたが、ヒメもミヤマもありました。見つけましたかあ?
ひとりごと
デコウォーカさん、同様のことが度々でーす。
これも素人の“ひとりごと”と、自分に言い聞かせて掲載しています。
こちらもビビッています
スゲの仲間の分類も難しく、いくつとり上げたかもわからないので、今度整理して見ます。
何か比較できるものがとなりにないと、姫なども判断ができません。
私もビビッてきました。
奥が深いです
カンスゲなんて言う植物が有る事すら知りませんでした。ましてはこんなに多くのカンスゲが有るとは・・・植物の世界は奥が深いですね。
明日
ちょうど行くので、じっくり観察してきますよ~ へへゞ
カンスゲも色々
カンスゲにも色々有るのですね。私は香貫山で見たものは何も迷わず(知らないので)カンスゲと同定しましたが、心配になりました。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ohanasan.blog71.fc2.com/tb.php/1279-7657c7e3
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。