FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マメヅタ (うらぼし科)-1284 

裏高尾の小下沢林道の車止め付近の沢際に、芽吹き前の何の木か分かりませんがその幹にびっしりとマメヅタの青々とした葉が絡まって生えていました。
マメヅタ(豆蔦)は、樹木や岩に不規則に分枝し細くて長い茎を這わせ、まばらに豆に似た葉を持つことから名付けられたそうで、光沢のある葉は直径が1~2センチの光合成で栄養分をつくる「栄養葉」と、直立し細くてへら形の2~5センチの「胞子葉」があります。
画像では分かりにくいと思いますが、胞子葉の胞子嚢は中肋*の両側に付いているようです。
びっしりと木に張り付いて生えてるマメヅタの姿はなかなか趣があると思いますが、極く普通に見られます事から山野草園芸愛好家の中でも栽培は少ないとの話でした。
mamezuta.jpg  tuta-x.jpg  mamezuta2.jpg
*【中肋】葉の中央を縦に通っている太い葉脈。主脈。
画像をクリックして下さい。
別 名 イワマメ、マメゴケ、マメヅル、イシマメ
科 名 ウラボシ科
属 名 マメヅタ属
性 状 常緑多年草(着生羊歯植物)
分 布 宮城県以南の本州、四国、九州、台湾、中国 
原産地 日本、東南アジア 
撮影場所 高尾山
撮影年月 2010.3.22  
スポンサーサイト
コメント
望遠レンズ
stellaさん、ご訪問ありがとうございます。
★まで沢山頂き嬉しいです!
この画像は、林道脇の沢づたいにあり望遠を使いました。
結果、美しいと思ったものとはちょっと違った画像となりました。
カメラの方も、もっと勉強が必要なようです。
頭の虫の方は22日にMRI検査の結果待ちとなっています。
まあ、のんびり歩くつもりでいます!!
癒されます。
こんばんわ。
入院されてたんですか~(知らなくて申し訳ありませんでした)m(_ _)m
どうぞ、無理のない程度に”歩く”も”植物観察”もゆっくりゆっくりして下さいね。

マメヅタは毎日というくらい見ていますが、こうして改めてお写真拝見するとこんなに気持ちがやすらぐものなんですね。
そして胞子葉が立ち上がると生命の躍動感さえ感じられます。
いつも見ているものなのに、妙にhanatetsuさんの3枚のマメヅタに心が洗われる気持ちにさせられました。
青々とした小さなマメヅタの美味しい所たっぷりの画像に★★★★★です(v^ー°)
胞子葉
きょつぴーさん、マメズタは全国区のようですので、林の中に入れば見られると思います。
胞子葉が可愛いですよ!
極く普通に見られるんですか?
私は初めて見ました
遠めから見ると苔か棘のようでちょっと気持ち悪いと思いましたが、近くで見ると何か可愛いですね
2泊3日
信徳さん、2泊3日の治療入院でした。
はっきりするのは数カ月後とか、無理せずゆっくりお花さん達と語らいたいと思っています。
デコウォーカさん、うまいコメントありがとうございます。
胞子葉をもう少し入れて、主婦連のデモ隊にしたかった…。   
胞子葉
寅太さん、前に撮ったような記憶がありますが初めての登場です。
ご案内の場所で200ミリレンズを使ったのですが、うまく撮れませんでした。
胞子葉がとてもきれいだったのですが…。 
桜が満開です。
ご無沙汰しています。家を少し空けている間にスッカリ春になりました。群馬は桜が始まりました。検査入院と言う事でしたが無理は禁物ユックリとご自愛ください。
植物のデモ隊
マメヅタは茶色の胞子嚢の面が見える方向から見ると、シャモジを持ったデモ隊に見えますね。
今回は拍手、次回は拍手喝采
マメズタは初の登場でしたか。
でも凄い木で登場ですから素晴らしい。
当然拍手です。
奥多摩のほうにはマメズタランがあるようなので、探しだしたいと思います。
その時には、拍手喝采といきましょう。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ohanasan.blog71.fc2.com/tb.php/1285-6ba9b18a
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。