FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワサビ (あぶらな科)-1292 

裏高尾を散策後、いつも立ち寄る蕎麦屋で季節限定で食べられるワサビの地上茎の“お浸し”は、なかなかの美味でこの時期楽しみにしている一つでもあります。
ワサビ(山葵)は、学名Wasabia japonicaとよび、Nipponia nepponのトキ(朱鷺)と同じように日本固有の種だそうで、香気と辛味をもち古くから香辛料や薬用として利用されてきました。
ご存知の根茎から根出葉を出しますが、葉は長い葉柄の先に直径8~10センチの心臓形で光沢があり、縁は波うつています。
3~5月、20~40センチの地上茎が伸びて短い柄の小形の葉を互生し、先端に花径が5~7ミリで白色の4弁花をつけます。花は数個から10個ぐらいで下から上に順次開くようです。
東京薬科大学薬用植物園の池に流れ込む小さな流れ込みで咲いていましたが、見た途端、冒頭の“お浸し”が目に浮かびました。
wasabi.jpg  wasabi1.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 アブラナ科
属 名 ワサビ属
性 状 多年草
分 布 北海道、本州、四国、九州
原産地 日本
撮影場所 東京薬科大学薬用植物園
撮影年月 2010.4.9
スポンサーサイト
コメント
美味じゃ~。
寅太さん、どうもかなり年をとったようで、書いたつもりのご返事が載っておらずあたふたしています。
…で改めて、「美味じゃ~」に“涎もの”とお伝えします。
足の痺れを早く回復して、玉川亭に出向きたいと思っています。
蕎麦屋の山葵
これは薬用植物園の山葵ですね。
見落しています。
先日、蕎麦屋でお浸しの山葵をたべましたよ。(美味じゃ~)
前日のフジザクラで書き落としましたが、むかしのお札の図柄は富士サクラなんですが、最近のお札はソメイヨシノでしょうね。
三杯酢漬け
デコウォーカさん、山葵の三杯酢漬けは知りませんでした。
お浸しは、山葵の花茎をサッと湯がいて、細切りの海苔を載せ、醤油をかけてツマミにしますが…。
三杯酢漬け、試してみたいですね。
買い時?
信徳さん、山葵のお浸しは酒のツマミに最高ですよね!
1束500円は買い時だったかも知れませんね。
でも、画像がイマイチでした。
お浸し
式神38さん、山葵のお浸しはビール、日本酒は勿論サワーにも合います。
このツマミは、中央線高尾駅前の“玉川亭”で出してくれます。
花より団子
私は山葵茎の三杯酢漬けを良く買ってきてつまみにしています。ピリリとするのが良いですね。お浸しも食べてみたいですね。
美味しそう!
黄緑色の新鮮なワサビです。軽く茹でたら美味しいでしょうね。吉野梅林でも一束500円で売っていました。奥多摩、裏高尾の方は多いようですね。
花も風味も
この花からあの風味は想像できないですよね~。
大好物なんですが城山のお浸しは食べてなかったです。
今度行ったら食べてみますよ~。















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ohanasan.blog71.fc2.com/tb.php/1294-fde99d2b
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。