FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミチタネツケバナ (あぶらな科)-1293 

都立薬用植物園の入り口付近のヤエベニシダレザクラ(-1291)の傍らに、まだ除草されていない雑草に交じってミチタネツケバナを見付けることができました。
従来、このブログではタネツケバナ(-186)と一括処理してきましたが(自信がありません)、師匠のブログ【野の花ひとりごと】を拝見してミチタネツケバナの存在を知り、散策の都度探していた花でした。
ミチタネツケバナ(路種漬花)の茎は、基部付近で分枝して直立し10~30cm程になります。根生葉はロゼットをつくり、羽状に全裂しています。茎につく葉は根生葉のものよりも細くなり、葉の表面と葉柄には毛がありますが、タネツケバナほど目立たたないようです。
4~5月に咲く白い4弁花は長さ2~3mでタネツケバナよりも小さいく、花弁と花弁の間に隙間があります。
莢果は長さ1~2cm、直立気味に茎に寄り添うようについており、1室内に多数の種子が1列に並んでいます。
なお、タネツケバナとの区別の分かりやすい判断としては、湿地に生えていないこと、また、莢果が扁平で茎に寄り添うように鋭角に付くのがミチタネツケバナ、円筒状でやや開いた状態で付くのがタネツケバナといわれています。
michi.jpg  michi1.jpg  michi2.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 アブラナ科
属 名 タネツケバナ属
性 状 二年草(帰化植物) 
分 布 本州~? 
原産地 ヨーロッパから東アジア 
撮影場所 都立薬用植物園
撮影年月 2010.4.9
スポンサーサイト
コメント
ようやくでした!
寅太さん、ミチタネツケバナの存在を知ったのは師匠のブログでした。
それから、散策の都度気にして見ていたのですが…。
まさか、植物園の雑草に交じっているとは思いもしませんでした。
タケノコ
stellaさん、やっと同定しました。
ありがとうございました。
しかし、前に載せたタネツケバナの画像が心配となり再度調査を続行中です。
早くも、多摩市産のタケノコを高尾の案内人から頂戴しました。
捜査?
将軍さん、タネツケバナ1種と思っていましたらミチもあるんですね。
今度は、オオイヌではなくただの?イヌノフグリを捜査しています。

信徳さん、思いもかけない雪でしたね。
クマガイソウは元気になられて良かったですね。
載せようと思っていますヘラオモダカの花は、すっかり痛めつけられていました。
数日中にタネツケバナを一つ
ミチタネツケバナは初めてです。
とても見分けができそうもありません。
数日後に、私もタネツケバナの仲間を一つ用意しています。
お見事!!!
hanatetsuさん おはようございます。
ミチタネツケバナ ゲットおめでとうございます~。
そうですね。タネツケバナよりも花が小さくてうっかりしそうなぐらい地味ですよね。
花の位置より果実が高いのも特徴・・画像にしっかり出ていますよ~。(*'(ェ)')//゛゛゛パチパチ

今日は毎年恒例の森林組合主催のタケノコ掘りがあるのでイッテキマッ(o'3'o)ノ⌒す。
朝晩の冷え込み、くれぐれもお体お大事にして下さいね。
高尾の道端で見かけるタネツケバナ、やっと名前を知りました。この寒さで例年より花が遅くなってるようです。
雪降り
細い枝の間に雪が積もったようです。今晩雪が降らなければ良いのですが・・・折角蕾を付けて来たクマガイソウが心配です。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ohanasan.blog71.fc2.com/tb.php/1295-7ab9d91e
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。