FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミズバショウ (さといも科)-1302 

mizubasyou3.jpg
東京薬科大学薬用植物園のナガバオモダカ(-1296)の花を撮りに行きましたが、終盤を迎えた花は茶色に変色しており画像にはなりませんでしたが、代わってミズバショウが白い花を見せてくれました。
ミズバショウ(水芭蕉)は、水辺に生えて葉がバショウ(-540)のように見えることから名づけられたそうですが、湿地や湿原に自生し4~5月にかけて発芽直後の葉間から、卵形で長さ20センチ程の白い仏炎苞と呼ばれる苞を開き、中央に4~8センチ程の円柱状の肉穂花序を付け、直径約3ミリの淡緑色の小花を密生させます。
葉は花序より後に出ますが、太い根茎に束生し長楕円形で直立し、花後には幅30センチ長さ80センチにも達するそうです。なお、ミズバショウは全草にシュウ酸カルシウムを含み目や口に入れると皮膚炎や嘔吐、下痢等を起こす毒草でもあるようです。
有名な尾瀬ヶ原のミズバショウの群生は見ごろを迎えたそうですが、薬大のそれは長く伸びた根生葉に隠れるようにひっそりと咲いています。
mizubasyou2.jpg  mizubasyou1.jpg  mizubasyou.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 ヘビノマクラ
科 名 サトイモ科
属 名 ミズバショウ属
性 状 多年草  
分 布 本州、北海道、千島、カムチャツカ、樺太
原産地 東北アジア、北アメリカ
撮影場所 東京薬科大学薬用植物園
撮影年月 2010.4.24
スポンサーサイト
コメント
鉢合わせ
流石の寅太さんが先回りで花と会話しますので、後追いの花哲は大変です。
でも、何とか合わないよう努力しますが、鉢合わせになるかも知れませんので、その時はご容赦願います。
シュウ酸カルシウム
信徳さん、どうも毒草といわれるミズバショウのてんぷらは無理かもしれません。
でも、新芽にはシュウ酸カルシウムの含有が少ないのかも知れませんね。
裏磐梯
tajiyasuさん、ご夫婦での裏磐梯とはうらやましいですね。
当方の脳の虫ですが、今日の診断では判定が持ち越され再度検査の予定です。
足の痺れは相変わらずですが、ボチボチ近くの公園を歩いています。
精いっぱい
デコウォーカさん、一面に広がったミズバショウを見てみたいものです。
今のところ、植物園の花で精いっぱいのようです。
夏の思い出
連日、サトイモ科ですね。
サトイモ科は毒草が多いので、サトイモが毒なのもうなずけます。
確かに北国のミズバショウは葉が展開しないのに、白い花が咲きます。
根生葉がこんなに発達しては、夏の思い出にもなりません。
ミズバショウの天婦羅
白い苞がミズバショウの特徴かと思います。昔ゴールデンウイークに尾瀬にスキーに行き東電小屋に泊まった時に確か「ミズバショウの天婦羅」と言われて食べた記憶があるのですが、それは大きな間違いだったようですね。他の若葉の天婦羅だったのですね。
裏磐梯の景色を思い出しています
娘夫婦と小旅行した裏磐梯のミズバショウを懐かしく思い出しています。白樺の木の間に群生する様はとっても奇麗でした。
白の苞のお陰
ミズバショウの花も白い苞が無ければ昨日のセキショウと似ていますね。白い苞のお陰で人気もあるのですね。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ohanasan.blog71.fc2.com/tb.php/1304-be7f96b6
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。