FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイヨウカマツカ (ばら科)-1308 

カマツカ(-133)の赤い果実は見た事がありますが花とは出合えず、今年こそと思っていた矢先に野草展の会場でセイヨウカマツカの花と出合う事が出来ました。
草遊塾で指導されています草芸研究家の久下氏の参考作品として展示されていたセイヨウカマツカ(西洋鎌柄)は、樹高が2~4メートル程になり葉は倒卵形で互生し、縁には円鋸歯があり、秋には赤紫色から深紅色に紅葉するそうです。
4~5月、散房花序を出して白色から淡紅色の5弁花を咲かせますが、やや大きめの雄蕊の濃紅色が目立つ花でもありました。
9~10月、直径5~10ミリの果実を付けますが渋味があり生食はイマイチだそうです。しかし、ブルーベリー(未掲載)の2倍の含有量があるとされるアントシアンが含まれており、ジャム、飲料などに使われるそうです。
なお、カマツカはカマツカ属ですがセイヨウカマツカはアロニア属で、黒い果実の種と赤い果実の種のほか両者の交配種で暗紫色の果実を付ける種があるそうで、この花がどんな果実を付けるのか見てみたいものです。
s-kamatsuka.jpg  s-kamatsuka1.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 アロニア、アメリカカマツカ
科 名 バラ科
属 名 アロニア属
性 状 落葉低木  
分 布 北アメリカ中部~東部
原産地 北アメリカ 
撮影場所 草芸展(山野草展)
撮影年月 2010.5.1
スポンサーサイト
コメント
デコウォーカさん、皆さんにもお話ししました通り画像は露出不足でした。
もうちょっといい色の蕊を撮りたかったのですが…。
濃紅色
信徳さん、寅太さんにも話しましたが画像は露出不足でした。
ホントは、黒く見える蕊は濃紅色でした。
ゴメンナサイ。
寅太さん、この花を撮るときバックが白かったものですから絞り込んでシャッターを押しました。
結果、露出不足となり思った色にはなりませんでした。
折角の綺麗な花をこんな具合になってしまい、久下先生にゴメンナサイと言っておいて下さい。
属違いでも似ている
カマツカの花も雄しべが長く、葯は赤茶色で良く目立ちますので、このセイヨウカマツカと似ていますね。
初見です
初めて見る花です。白い花弁に黒っぽいシベが印象的です。
昨年の講習会の作品
今度はセイヨウカマツカできましたね。
我が家も小さなさし木から育てていますが、今年初めて花が咲きました。
2日目には先生の植え付けの講習会があるのですが、前年の植え付けた作品でした。
同じ材料でもプロの手にはかないません。
洋種ものはあまり使わないのですが、本人が納得して使うのなら良いといいます。
今回はカマツカの代用で使用したのでしょうか。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ohanasan.blog71.fc2.com/tb.php/1309-f53e2331
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。