FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カマヤマショウブ (あやめ科)-1312 

kamayamasyoubu1.jpg
都立薬用植物園の水生植物区の中で鮮やかな濃紫色のカマヤマショウブが咲いており、端午の節句の花として紹介しようと考えたのですが、菖蒲と名前は付いてはいるもののサトイモ科のショウブ(未掲載)とは違ってハナショウブ(-1070)などアヤメ科の仲間ですので、当日掲載は中止にしました。
カマヤマショウブ(蒲山菖蒲)は、かなり古い時代に朝鮮半島から渡来したそうで韓国の釜山(プサン)の訓読みが名前の由来だそうです。
日本のアヤメ(-1040)よりやや大型で花色も濃いことから庭植えの花や切り花として使われているとの事で、草丈は30~40センチ、剣状の葉は束生直立し基部の鞘状部分は赤褐色を帯びています。
5月、葉間に花茎を出して茎頂に濃紫色のアヤメによく似た花を咲かせますが、外被片3枚は下垂し中央に網目模様があり、内被片3枚は直立しています。
なお、良く似ていますアヤメとの区別は舷部*が大きいこと、蕾が傾いていること、葉の茂りが丈高いことだそうです。(牧野新日本植物図鑑)
*【舷部・爪部】花弁において基部が細長く先端部が幅広く広がっている場合、基部の細い部分を爪部、先端の幅広い部分を舷部と呼ぶそうです。
kamayamasyoubu3.jpg  kamayamasyoubu2.jpg  kamayamasyoubu.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 カマヤマアヤメ
科 名 アヤネ科
属 名 アヤメ属
性 状 多年草
分 布 朝鮮半島~中国東北部
原産地 朝鮮半島
撮影場所 都立薬用植物園 
撮影年月 2010.5.5
スポンサーサイト
コメント
釜山
デコウォーカさん、ホントに素晴らしい色でした。
それより、カマヤマの名前の由来が原産地のプサンとはびっくりでした。(湿地に生えることから蒲山との話もあるようですが…)
インベーダ
寅太さん時折、我が家の小さな庭のインベーダと闘争していますが、中にニワゼキショウがあり、はてどう対処しようかと悩んでいます。
ショウブの花、勝負しましょう!
信徳さん、お褒め頂きくすぐったい、いや、ありがとうございます。
本来ならば、もう少し背景をぼやかしたかったのですが…。
湿地好き?
カマヤマショウブの紫色がきれいです。花弁の基部の模様も見事です。日本のアヤメは山野に生えますが、カマヤマショウブは湿地が好きなのかな?
こんどはショウブ
カマヤマショウブとはまた変わった種類ですね。
もちろん初めて(とは言っても見ているかも)です。
私もまだセキショウはあってもショウブがないのです。
素敵過ぎます!
花弁の模様が綺麗に撮れていますね。流石ピントに強い花哲さんです。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ohanasan.blog71.fc2.com/tb.php/1314-ca51e823
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。