FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エチゴキジムシロ (ばら科)-1313 

echigokijimushiro1.jpg
キジムシロ(-693)ミツバツチグリ(-291)とよく似た黄色の5弁花を咲かせる花にヘビイチゴ(-311)がありますが、これらの区別がはっきりとしないところに、エチゴキジムシロと名のついた花に野草展の会場で出合い、聊か慌てています。
エチゴキジムシロ(越後雉筵)は、新潟県から秋田県の日本海側に分布している花だそうで、主に新潟県で多く自生していることから名付けられたそうです。
草丈は10~25センチ程で根生葉には長い柄があり、葉は奇数羽状複葉で鋸歯のある小葉は5枚、先端の3枚は大きい広卵形をしています。
4~6月に咲く黄色の5弁花は花径が15~20ミリで細い花柄の先に疎らについています。
なお、キジムシロとの違いはエチゴキジムシロの小葉の数が5枚に対し、キジムシロは5~9枚付いているとの事ですが、この時期になりますと冒頭の花たちと混同して同定に悩まされそうです。
echigokijimushiro2.jpg  echigokijimushiro.jpg  echigokijimushiro3.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 バラ科
属 名 キジムシロ属
性 状 多年草  
分 布 新潟県~秋田県 
原産地 日本? 
撮影場所 草芸展(山野草展)
撮影年月 2010.5.1
スポンサーサイト
コメント
キジムシロ
信徳さん、キジムシロに越後の名前がついているのが嬉しいですね。
近く、ツルキジムシロと名がついた花を載せようかと思っていますが、ツルは地名ではなく蔓でしょうね。
寅太さん、私も当然ですが野では見たことはなく、ご案内の「草芸展」で初めて見ました。
越後にはいろいろな花があるんですね。
難しいですね
同じキジムシロでも産地では少し違っても当たり前なんでしょうね。それを産地の区別でエチゴキジムシロと分かり易く説明しているものと思います。
まだ見てない
越後生まれの寅は名前は当然知っています。
「越の・・」と付くのが多いのですが、はっきりと越後と名乗っています。
いつも注意しながら歩くのですが、まだ見たことがありません。
先ずは雉を探すことから始めます。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ohanasan.blog71.fc2.com/tb.php/1315-54ff38f3
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。