FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カザグルマ (きんぽうげ科)-1314 

kazaguruma.jpg
沢や湿った場所に稀に生えるというカザグルマは、山梨県から宮崎県まで21都府県で絶滅危惧種に指定している貴重な植物ですが、都立薬用植物園で見ることができました。
カザグルマ(風車)は、風を受けて回る玩具の風車に花の形が似ていることから名付けられたそうですが、他の植物に絡まって伸びる茎は褐色で、葉は羽根状複葉または2回3出複葉で長さ2~6センチの小葉は3~5枚、卵形で先端が尖っています。
5~6月、枝先に咲く花は花径が10~15センチ程ですが、花弁に見えるのは萼弁で8枚で構成され(一説には6~13枚の間とされる。)、花色は白色が普通だそうですが、地域によって青紫色のものもあるようです。
ちなみに、同じ仲間の萼弁が6枚のテツセン(鉄線-584)は中国が原産地ですが、園芸品種のクレマチス(-750)は19世紀に日本からヨーロッパに伝えられたカザグルマを元に、様々な交配を経て作りだされたものだそうです。
なお、日本原産のキンポウゲ科センニンソウ属の花は、このカザグルマの他ボタンヅル(-446)センニンソウ(-036)クサボタン(-084)、ハンショウヅル(近々掲載予定)があるそうです。
※右の画像は、東京薬科大学でシロバナカザグルマと表記名が付いていました。
kazaguruma2.jpg  kazaguruma1.jpg  shirobanakazaguruma.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 キンポウゲ科
属 名 センニンソウ属
性 状 蔓性木本
分 布 本州、四国、九州北部、東アジア
原産地 日本
撮影場所 都立薬用植物園 
撮影年月 2010.5.5
スポンサーサイト
コメント
植物園
stellaさん、拍手ありがとうございます。
この花植物園だから見られた花です。
高尾で咲いている話は聞いた事がありません。
…で、昨日東京薬科大学の薬用植物園へ行きましたら、シロバナカザグルマと表記のある花に出合いました。
右側の画像に入れ替えましたが、ちょっと形も違うようです。
びっくりです。
種類の多いクレマチス。
私も200%あちゃら産だと思っていました(^。^;;
その母種”カザグルマ”がなければクレマチスは存在しなかったなんて、・・凄いです。綺麗な画像のカザグルマにとってもうれしくなって拍手送ってますよ~。
わたしのところでも絶滅1Aになっています。
とてもとても見れるどころのものではないので感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう。
クレマチスの親とはビックリ
見てみたいと思っている花です。クレマチスの母種とはビックリです。
リーチ
信徳さん、私の持っている図鑑では日本原産のセンニンソウ属は5種?とあり、今リーチの状況です。
ハンショウヅルが載りましたら…、マージャンでは?
ビックニュース
寅太さん、私もご同様の感想を持ちました。
日本特産の花として、胸を張って探せる野草(木)かと思います。
高尾で見つけたらニュースものかもしれません。
西洋系だとばかり思ってました
風車という名前がいいですね~。
萼弁が6枚~13枚なんて聞くと7枚~8枚のものは「風車の弥七」なんて名前を付けたくなるのは僕だけでしょうね~
一族同じ
ハンショウヅルもフユノクレマチスもテッセンも私の頭の中はクレマチス一族です。どの花もサッパリしていて素敵です。
クレマチスに日本の血
外国種のような顔をしているクレマチスに、日本の血(?)が流れているとは知りませんでした。
驚愕の事実に拍手です。
これからはクレマチスも山野草を見る目で見たいと思います。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ohanasan.blog71.fc2.com/tb.php/1316-0d81956d
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。