FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウワバミソウ (いらくさ科)-1321 

mizuna.jpg
ウワバミ(大蛇)が棲みついていそうな場所に生えることから名前が付けられたと言いますウワバミソウの花が、東京薬科大学薬用植物園の林地のやや湿った場所で咲いています。
ウワバミソウ(蠎蛇草)は雌雄異株、草丈20~50センチで根茎が分枝して繁殖することから茎が株状に群生しています。
葉は上部に2列に互生し、やや不対称の長楕円形で長さ3~15センチ、先は尖り縁には多数の鋸歯があり光沢があります。
5~7月、葉腋から極小の花を咲かせますが、最初に1~2センチの花柄のある集散状の雄花が出て、その後基部付近に無柄で頭状の雌花を開くとのことで、同時に雌雄両花を見ることは出来ないそうです。(画像は雄花)
秋には、この雌花序が紫褐色になって肥大しムカゴ状になるそうです。
ウワバミソウは別名ミズナとも呼ばれ、歯ごたえがありさっぱりとした味がどんな料理にも合う山菜として、茎はきんぴらや煮浸しなど、ムカゴは煮浸し、一夜漬けなどで食されています。
mizuna2.jpg  mizunax.jpg  mizuna3.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 ミズナ、ミズ
科 名 イラクサ科
属 名 ウワバミ属
性 状 多年草
分 布 北海道、本州、四国、九州、中国南部
原産地 日本
撮影場所 東京薬科大学薬用植物園 
撮影年月 2010.5.13
スポンサーサイト
コメント
二の足
寅太さん、ミズとかミズナは山菜の代表格の一つですが、ウワバミソウでは二の足を踏みますよね。
昨日、薬用へ確認しに行ってきましたが、雌花はまだのようでした。
雌花探し
ミズナなら食べますが、ウワバミソウでは食べる勇気がありません。
我が家でも咲いていますので、雌花探しをしてみます。
おっかなびっくり!
デコウォーカさん、薬大の植物園とはいえマムシが出そうな環境の中でした。
見てのとおりの小さい花なので、じっくり腰を落ち着けてと思っても周りには人もおらず、おっかなびっくりの撮影でした。
ムカゴの煮浸し
tajiyasuさん、ミズナの煮浸しは結構いけます。
…が、花哲もこの花のムカゴは食べたことがありません。
一度食べてみたいですね!
美味しく食べよう。
stellaさん、沢山のお星さまマーク、ありがとうございます。
ネットを見ますといろんな調理方法が載っています。
花哲としましては煮浸しが好きです。
信徳さんにも話しましたが、花の撮影は絞り優先でピント合わせは自分の目でやっています。
失敗が多すぎますが…。
山菜
信徳さん、ウワバミソウというより山菜のミズとかミズナの方が一般的なようです。
そ・そ、ピント合わせはオートフォーカスは使用せず、マニュアルで自分の目で合わせていますので、この1枚を撮るのに10枚近いシャッターを押します。
大蛇と小花
うわばみは大酒呑みのことかと思っていましたが、大蛇の事だったんですね。ウワバミが出そうな所で花の撮影で、しかもこの様に小さな花の撮影はご苦労様でした。
ウワバミなんておどろおどろしい名前の花にしては何と小さくて可憐な花だことよ。食用になるんですか。ムカゴの煮浸しなど食べてみたいですね。
激沈・・
エントリーするには恥ずかしい画像だったので又来年と思っていたところにhanatetsuさんの綺麗なウワバミソウには参りました~。あんな小さい花をよくぞここまで撮られましたね・・凄すぎですよ~★★★★★。
調べていなかったのですが、ここですべてを学ぶことができました。
そっか・・いろんなふうに調理して食べられるんですね!来年はそれも試してみたいと思います。
ウワバミ好み
ウワバミは身体に反比例して小さいのが好みなんでしょう。小さくてもピントが合ってしまうのですね。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ohanasan.blog71.fc2.com/tb.php/1324-b6a5bc2b
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。