FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウケザキオオヤマレンゲ (もくれん科)-1325 

ukezakirenge1.jpg
1889年、明治政府がパリ万博に出品しヨーロッパの好事家の注目を集めたとも言われますウケザキオオヤマレンゲの花が、東京薬科大学薬用植物園の入り口付近で見られます。
ウケザキオオヤマレンゲ(受咲大山蓮華)は、オオヤマレンゲ(未掲載)とホオノキ(-371)との自然交配種とされ樹高は5メートル、葉はホウノキより小さく裏面に毛が生えています。
4~5月、直径12~15センチの花を“受け咲き”の名前のとおり花を上向きに咲かせます。9枚の花被片は淡黄白色で雌蕊の色は緑色ですが朱紅色の雄蕊が目立ちます。
薬大のウケザキオオヤマレンゲは花期をやや過ぎていたらしく、ちょっと色褪せていましたが甘い香りは健在でした。
ukezakirenge2.jpg  ukezakirenge.jpg  ukezakirenge3.jpg
画像をクリックして下さい。
別 名 -
科 名 モクレン科
属 名 モクレン属
性 状 落葉低木
分 布 -
原産地 日本
撮影場所 東京薬科大学薬用植物園 
撮影年月 2010.5.22
スポンサーサイト
コメント
目線
信徳さん、寅太さんやデコウォーカさんにも話しましたが、小ぶりの木で花も目線ぐらいでしたので、小ぶりの三脚を立てての撮影でした。
そ、もうちょっと早い時期に出会いたかったでーす。
やや小さいかな?
デコウォーカさん、神代植物園で出会ったホオノキはやや高い位置で咲いていましたので、側面からの画像でしたが、この花は低位置にありましたので正面から撮れました。
…で、私の見方としてはこちらの花の方がやや小さい感じでした。
アップ画像
寅太さん、入り口から見本園に入ってすぐ左手です。
あまり大きな木ではないので、アップ画像が撮れました。
もう少し早い時期に出会えればよかったのですが…。
大きな木
大きな木で花をカメラにおさめるのは大変だったのではないのでしょうか?白がかなり引き立つ花だと思いますが少し赤味がかったのは残念ですね。
日本固有の花?
一度見てみたいですね。咲き方も、花もホウノキに似ていますね。ホウノキの花よりも大きいでしょうか?ヨーロッパ人が驚くと言うことは、この種の花は無いのかな?
見落しています
この花びらのようなのは何でしょうね。
何枚あるか数えたくなります。
植物園の入口でまだ気付いてはいません。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ohanasan.blog71.fc2.com/tb.php/1329-571c8f95
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。