FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナカンゾウ (ゆり科)-1340 

chinakanzou.jpg
ノカンゾウ(-021)ヤブカンゾウ(-422)ニッコウキスゲ(ゼンテイカ-792)トビシマカンゾウ(-808)トウカンゾウ(-740)ムサシノキスゲ(-1046)とユリ科ワスレグサ科の花を羅列しましたが、これらの花は橙赤色でとても優雅な花なのですが、どう言う訳がアブラムシがびっしりと付着しており、なかなか画像向きの固体が見つかりません。
都立薬科大学で咲いていましたシナカンゾウ(支那萱草)にも白いアブラムシついており、一瞬シャッターを押すのを躊躇しました。
草丈は1~1.4メートル程になり葉は広線形で根生しています。7~8月に花茎の先端に長さ10センチ程の橙赤色の6弁花を数個付けていますが、日本に分布するヤブカンゾウの母種とされています。
アブラムシが付かなければ試食したいと思いますが、この花の蕾を調理して食べますと心配事を全て忘れるほど美味しいことからワスレグサの別名が付いています。
chinakanzou1.jpg  chinakanzou2.jpg  chinakanzou3.jpg
画像をWクリックして下さい。
別 名 ホンカンゾウ、ワスレグサ、ヒトエノヤブカンゾウ
科 名 ユリ科
属 名 ワスレグサ属
性 状 多年草
分 布 中国南部~中部、ネパール、タイ 
原産地 中国南部 
撮影場所 都立薬用植物園 
撮影年月 2010.6.17
スポンサーサイト
コメント
台湾
デコウォーカさん、いやはやこのアブラムシにはゾッとします。
洗ったとしても、とても食べられそうにありません。
信徳さんに聞きましたが…、台湾に出向いた時は慎重に選ばさせて頂きます。
一字違いで大違い
心配事を全て忘れるほど美味しいとは、良く洗って食べてみたいですね。慌てて読んで別名がワスレナグサとは???と思いましたが、ワスレグサだったんですね。
虫は無視
stellaさん、オマケはこの花に似合いません。
甲虫はOKといいましても、すばしこく、ずるがしこい?ゴキブリは苦手でーす。
カミさんがギャアーギャアー言いながら追いかけまわしていますが見て見ぬふりをしています。
最も最近は全く見えなくなりましたが…。
さて・・
ヤブカンゾウのお母さんなんですね。
初めて拝見します。
ヤブカンゾウは八重っぽくてややうるさい感じがするのですが これはすっきりしてていいですv^^
アブラムシのおまけも叉自然な姿でいいのでは(笑)。
心配事から逃れられるのなら、この際目を閉じて・・パックン・・したいところ・・さて実際そこにいたらできるかな・・???(汗・・)

おー怖っ!
寅太さん、この虫を見ますと総毛立ちます。
ニッコウキスゲには付かないとの事ですが、アルプの里のニッコウキスゲにはちゃんとくっ付いていましたよ。
おー怖っ!
心配事
信徳さん、台湾でも食べるんですね。
どんな味がするんでしょう?
心配事が多いので、食べてみたいですね。
アブラムシはキラワレムシ
ノカンゾウ、ヤブカンゾウにもよくアブラムシが付きます。
キラワレムシですね。
でもニッコウキスゲはあまり付かないように思います。
乾燥花
台湾ではこのカンゾウを乾燥して食べます。ユリの花と言っていますがカンゾウなんですね。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ohanasan.blog71.fc2.com/tb.php/1344-869b50d8
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。