FC2ブログ
 

路傍の花

花哲ひとりごと
 
 
プロフィール

hanatetsu

Author:hanatetsu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オニサルビア (しそ科)-1341 

onisarubia.jpg
梅雨の晴れ間のようなスカイブルーの大型の花を咲かせるソライロサルビア(-1339)とは違い、“清浄な”とか“明るい”という意味を持つクラリーセージ(clary Sage)に付いた和名がオニサルビア。
オニサルビア(鬼サルビア)は、他のサルビアと比べ花穂、葉の大きさ、茎の太さなど全てが大型であることから名付けられたと思いますがはっきりせず、草丈は1メートル以上にもなり10~20センチの葉は広卵形で、細い銀白色の毛で被われています。
6~7月、茎頂に輪生状に淡紫色の小唇形の花を咲かせますが、淡紅色の綺麗な苞葉が目立つ花でもありました。
なお、オニサルビアの種子は古くから眼の薬として利用されたそうですが、現在では精油を採るためにフランス、ロシアで栽培され、食品の香り付けや薬用として利用されているとの事です。
onisarubia1.jpg  onisarubia2.jpg  onisarubia3.jpg
画像をWクリックして下さい。
別 名 クラリーセージ
科 名 シソ科
属 名 サルビア属
性 状 二年草
分 布 - 
原産地 ヨーロッパ中南部 
撮影場所 都立薬用植物園 
撮影年月 2010.6.17
スポンサーサイト
コメント
デコウォーカさん、ピンクの苞葉が綺麗でしたよ。
信徳さんにも話しましたがイマイチ名前の由来が分からず、この花の“鬼”の名前は可哀そうかも知れませんね。
この花の名前かの由来いろいろと調べてみましたが、刺も一つのポイントかもしれませんね。
調べてみます。
ボチボチのんびり
寅太さん、空色、鬼とも植物園ですが足がイマイチなので頑張りが効きません。
まあ、ボチボチとのんびり更新の予定です。
鬼名は可哀相
唇形の花だけでなく、淡紅色の苞葉も綺麗ですね。鬼の名前が可哀相ですね。
鬼らしいです
棘が有って如何にも鬼らしい花です。茎にも花弁にも棘が有りますね。
鬼も降参
ソライロも鬼も見たことがありません。
昨年まで植えてあったのでしょうかね。
花が重いのか、みんなコウベを垂れていますね。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://ohanasan.blog71.fc2.com/tb.php/1345-b4fbabd3
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。